離婚調停とは?基本的な知識をご紹介します

カテゴリ

見所一覧

カレンダー

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

離婚を確実に進めるための方法

離婚をする前提で法律家へ相談を持ち掛けるならば、全ての経緯を知っておく必要があります。脳裏へ抱くイメージをわかるように説明すれば、当事者の意志を伝える方法が鮮明となります。調停員が聞く内容としては、離婚を決意した経緯が大半であり、順序立てて説明していく必要性が今後を大きく左右する畳用となります。端的に話す訓練を積んで、夫婦としての関係を無事に解消できる方法を模索していくことが重要です。
一方離婚調停中で夫婦関係を元に戻すことができれば、修復への道が可能となってきます。離婚はこれからのお互いの人生がどうであるかが最も大切な内容となり、どちらかの理由だけでは成立が難しいといった側面も理解しておく状況が大切です。さらにありのままの姿を出し切るという覚悟も調停には求められ、共感が得られる内容を追い求める状況が必要です。子供がいる夫婦は養育費の問題まで存在していることから、全ての問題を無事に解決できる点を重視する内容が大切です。月に10万養育費を支払う夫であれば、十分シングルマザーとして自立することが可能です。
これからの生き方を考えるきっかけを離婚調停は教えてくれるため、最初の行動においては慎重に進めていくことが大事です。

離婚調停はどのような形で行われるのか

夫婦の一方が話し合いに応じない、相手に暴力を振るうなどの問題があって、離婚協議を行うのが難しい場合は、間に家庭裁判所が入って離婚調停を行うことになります。離婚が成立した夫婦の約9割は協議離婚なので、実際に調停が必要なケースはそこまで多くはありません。
協議離婚は1人の裁判官と2人の調停委員が主催します。調停委員は必ず男女1人ずつ選ばれるようになっています。実際に裁判官が立ち会うことは少なく、基本的に夫婦と調停委員で進めていくことになります。調停の時は、控室に夫婦別々に待機します。調停員が1人ずつ調停室に呼び出すので、相手の圧力や脅しなどにさらされることなく、自分の意見を邪魔されずに調停委員に伝えることが可能です。30分間面談をしたところで、今度は相手が調停室に呼ばれます。これを2セット繰り返すのが基本的な流れです。
調停を繰り返し、お互いが離婚に合意できる条件が見つかったら、調停証書を作成することになります。この書類を作成する際には、当事者である夫婦と調停委員会の他、書記官が立ち会います。調停証書の内容をその場で確認し、両者がこれで納得することで調停が成立し、正式に離婚したことになります。

お電話の方は携帯からのお問合せでも通話無料となっております。 土曜日・日曜日に関しましてもご相談可能となっておりますのでお気軽にお問い合わせください。 当事務所のように離婚弁護士に依頼をすることで少しでも有利な解決・結果を得られることが期待出来ます。 全てのオフィスが駅から徒歩10分圏内となっている為アクセスしやすくなっております。 離婚調停の手続きをサポート!

ピックアップ