もっと知りたい親権やお金の話

カテゴリ

見所一覧

カレンダー

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

離婚調停に必要な費用について

現代はすでに結婚したカップルの三分の一が離婚する時代になっています。すべての離婚が双方の穏やかな話し合いで進めばなんの問題もありませんが、そのようないわゆる協議離婚では双方の主張が食い違うことがすくなくなく、協議離婚では解決しない場合には家庭裁判所に離婚調停の申し立てを行うことになります。もちろん、離婚訴訟という過激な方法もないではありませんが、まずは家庭裁判所の調停委員という第三者を介入させて離婚裁判にまでならないように離婚調停をすることがほとんどです。
ただし、離婚調停ということになれば、弁護士費用が必要なこともあり、弁護士費用がいくら掛かるのかかなり心配になる人もいるでしょう。しかし、離婚調停の場合には必ずしも弁護士が必要であるというわけではなく、自力で離婚調停をすすめることも出来ます。弁護士費用が必要でない離婚調停では必要な経費は数千円程度で離婚調停そのものに費用は必要ありません。ただ、離婚当事者の双方の意見や主張がかなり食い違っているという場合には双方の弁護士同士が中心となって離婚調停を進めるほうがスピーディに進むほうが多いようです。弁護士費用は弁護士によって違いはありますが、数十万円はかかるものと考えたほうが良いでしょう。

離婚調停における親権について

結婚したカップルの三分の一が離婚する時代にあって、協議離婚では折り合いがつかずに家庭裁判所の調停委員に離婚の申し立てをする離婚調停が多くなっているようです。離婚調停に当たって双方の主張が食い違ってしまうのは、財産分与についてのことがもっとも多いと思われますが、双方に子供がいるという場合にはどちらが親権を持つかということも大きな食い違いになってしまうことが多いです。
片方の離婚当事者が親権の放棄をすれば、親権のあり方についてあまり問題はないと思われますが、問題は双方の当事者が親権を主張した場合です。離婚調停では親権については愛情と経済と意思が尊重されます。
愛情についてはいうまでもないでしょう。子供に対して愛情があるだけでなく、これまで子供とどのように接してきたなどが論点になります。
経済については子供を育てるのに経済的な余裕があるかどうかですが、これは相手側から養育費などを受け取ることにすれば問題にならないこともありますが、自立した収入がある方が有利かもしれません。
意思は15歳以上であれば、子供本人の意思が尊重されます。子供の年齢が低ければ低いほど母親の方に親権が認められることが多いと言えます。

ピックアップ