慰謝料と弁護士の関係とは?

カテゴリ

見所一覧

カレンダー

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

離婚調停で慰謝料を請求するメリット

離婚する際に話し合いで慰謝料を払ってもらうのが難しそうなこともあります。弁護士や裁判に縁もゆかりもない人も多いと思いますが、離婚調停で慰謝料を請求するのはなにかメリットなのか、どれくらいの金額を貰えるのか疑問に思っている人も多いと思います。

離婚調停で当人同士の話し合いになると感情的になってしまい、なかなか話がまとまりませんが、離婚調停を裁判所に申請すると話し合いに調停委員が間に入るため、冷静に話し合いができるようになります。これは離婚調停で慰謝料を請求する上でメリットのひとつだと言えます。調停がまとまれば調停調書が貰えます。調停調書があれば、仮に相手が約束通り慰謝料を支払ってくれなかったとしても、相手に対して給料や貯金差止めすることができるので慰謝料を回収できる可能性が高くなります。これも離婚調停するメリットのひとつになります。

離婚調停で慰謝料の相場は、受けた精神的苦痛の内容ごとに異なります。慰謝料の金額は基本的に決まっていません。調停委員と通じての話し合いで慰謝料を払うかどうかや慰謝料の金額が決まります。調停委員も落としどころというところがわかっていますので、ここで決まる金額がおおよそ相場になります。ケースに寄りますが、数十万円から数百万円ほどと言われています。

離婚調停の際は弁護士に相談

一度結婚した以上は生涯ずっと、パートーナーと仲良く暮らしていけるのが理想ですが、残念ながら、世の中には上手くいかないカップルというものが多いのが現状です。ある統計調査では、二分に一組の割り合いでカップルが破局を迎えています。インスタントラーメンができあがる前にどこかで誰かが離婚しているのですから、これはすごいスピードですね。
離婚は決して他人事ではありません。円満に別れられないケース、つまり当事者間の話し合いで解決できない状態に陥った場合、離婚調停をしなければならなくなります。離婚調停は、調停委員と呼ばれる第三者に仲介してもらい、離婚条件の落とし所を探る話し合いのことです。
離婚調停は基本的に、夫と妻の双方がそれぞれの主張をして、調停委員に結論を出してもらうことになります。こういった調停で主に話し合われるのは、離婚したい側としたくない側のこじれ、あるいは離婚はするにしても子供の親権をどちらが持つか、が争われます。
離婚調停は緊張した空気の中でおこなわれるので、一人で自分の主張を書面に整理して訴えるというのは、慣れていない限り難しいです。その場合は、弁護士に相談してみましょう。弁護士はプロですから、必ず有益なアドバイスをしてくれるので、離婚問題にお悩みの方は相談してみてください。

ピックアップ